Blog

社員ブログ

江山学園日記 vol.3

年の瀬も近づいてきました

みなさんいかがお過ごしでしょうか

 
 

 

 
前回の更新から3か月、現場では基礎工事が終了しました!
 

 

 
 

 

 
と、いうことで基礎工事の後はいよいよ鉄骨の建て方に行くわけですが…

 

 

 

先日、工場で製作している鉄骨の製品検査があり、私も工場見学を兼ねて同席させてもらいました

 

 

 
 

 

 
製作工場は、株式会社尾崎さんです

 

 
大きな工場の中には完成品や、まだ組立途中のもの等様々な鉄骨が置かれていました

 

 
 

 

 

 

建物の柱です

BCR295と呼ばれる材質のコラムで、サイズは400×400だそうです
3階建てのため、組立後の全長は、11.75mにもなります!

 

 

 

 

 

 

柱を支えるベースプレートと呼ばれるものです
今回は、ベースパック柱脚工法が採用されており、この鉄板の厚みは48㎜もあるそうです

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

写真では伝わりにくいですが、とにかく思ってた以上に大きかったです!!

人と鉄骨の柱を比較するとこのサイズ感が分かってもらえますか?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

まだ製作途中の製品も並べられてます

 

 

 

 

ばらばらだった鉄骨の材料が、所定の寸法に加工され、溶接で組み立てていくそうです

いわれてみれば当たり前の流れなんだけど、実際に工場でその過程をみてみると「へー…すごいなぁ」ってなりました

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

鉄骨溶接ロボットも見させてもらいました

この丸い台に柱をセットして回転させながらロボットが自動で溶接するそうです!!

 
 

 

 
 

 

 

 

作業所長は、製品検査をがんばっておられました💪
良い製品ができていたそうです

 
 

 

 
 
 

 

 
工場内をじっくり見学させていただくのは初めてだったのですが
スチームパンクのような世界観が好きな私にとってはとてもワクワクする体験でした⚙

 
 

 

 

 
 

 

 
今日から鉄骨の建方が始まりました

またTwitterやブログで進捗を報告します!